ホーム > 地元で働く > 地域差のある和歌山

地域差のある和歌山

Posted by

和歌山というとどの地域を思い浮かべるでしょう。
和歌山市周辺の京阪神から近い和歌山の地域を思い浮かべますか。
それとも新宮や串本など、半島の南端の地域を思い浮かべますか。
和歌山市に暮らしている知人と話していて、新宮市はもう三重県にやればいいのになんて冗談で話していました。
確かに三重県の方が県庁所在地より近そうですが、同じく熊野市は和歌山にやればいいのにと、四日市の知人が話していたのを思い出しました。

どうも半島の先端というのは、どの県でも発展から取り残される傾向にあるみたいです。
和歌山の薬剤師といっても、和歌山市近辺とそれ以外の地域ではかなり条件的な差があります。
ハッキリというと給与がかなり違いがあるんです。
しかも、半島の先端あたりは薬剤師求人も少ないみたいです。
もちろん新宮市も人口を抱えた町なのですが、和歌山市などと比べると給与面で劣る場合が多いようです。
和歌山で薬剤師の求人を探すのはそれほど難しいことではなさそうですが、それ以外となると薬剤師の求人を探すには工夫が必要のようです。
ドラッグストアや調剤薬局の薬剤師など和歌山の薬剤師求人は多いですが、地域差があることを念頭に置いて情報を探した方が良さそうです。
いくら和歌山市の求人の条件が良くても、同じ条件を他の地域で探そうというのは少し難しいかもしれません。
地域差があることがわかっていれば、その地域にあった転職活動ができるのではないかと思います。

カテゴリー: 地元で働く
タグ: