ホーム > 地元で働く > 滋賀の薬剤師求人の数は

滋賀の薬剤師求人の数は

Posted by

滋賀県は、県の面積の大部分を近畿の水がめと呼ばれる琵琶湖が占めています。
そのため、あまり地元で活発な経済活動が営まれているとは言えず、大津市や草津市など、一部の都市にはショッピングセンターなどがありますが、大半は住宅地として、ここを拠点に、近隣の商業経済が発展した町へ働きに行く人がほとんどです。
そんな滋賀での薬剤師求人は、近隣の京都や大阪に比べると少ないと思われますが、これら都会へ働きに出る人たちのベッドタウン的な役割を果たしているため、住民の健康を守る医療機関の数はそれなりに多いと思います。
人がたくさん住めば、医療機関の需要も増えます。

そうなると、最近の医薬分業の取り組みからいって、薬剤師の需要も多くなります。
近代的な設備の整った病院はそれほど多くないかもしれませんが、市民病院もありますし、個人開業の医者もたくさんいると思われる滋賀県においては、薬剤師求人の情報も、どちらかといえば地元に根差したものになるかもしれません。
それこそ薬剤師さん自身も滋賀県に生まれ育ち、慣れ親しんだ地元の人たちの健康を守るために働ける、そんな求人先が見つかるのではないでしょうか。
ドラッグストアでも薬剤師を必要とするようになりましたから、それこそ毎日の買い物で訪れた患者さんと話をするといったような身近な薬剤師になれるのが、ベッドタウンとして機能する滋賀県での薬剤師の姿のような気がします。
お医者さんには相談しにくいけれど、薬剤師さんになら聞けるといった、まさになんでも相談できる薬のプロになれそうです。
滋賀県の薬剤師求人は、大規模なところで働く機会はさほどないかもしれませんが、地元に密着して地域に貢献できる、そんな働き場所が見つかる求人募集先が多くなるのではないかと思います。
そうした働き方ができるのであれば、やりがいも大きくなり、滋賀で薬剤師として働き続けることの楽しみもまた、生まれてきそうな気がするのでした。

カテゴリー: 地元で働く
タグ: