ホーム > 地元で働く > 製薬会社の営業として再出発をしました。

製薬会社の営業として再出発をしました。

Posted by

私は和歌山で調剤薬局に勤務していました。
大学を卒業して、その薬局に勤務していたのですが、昨年転職を果たしました。
製薬会社の営業です。
一般にMRと呼ばれるもので、病院やクリニックや個人医院を回って自社の薬を売り込む仕事です。
薬の説明をして、その効用やその副作用などを医師に説明して、その薬を使ってもらうわけです。
MRは大きく分けて2通りあります。
薬品会社で自社製品を紹介するMRと薬の卸問屋で色々な商品を販売するMRの2種類があり、より薬剤の知識と言えば、色々な会社の商品を扱う、卸問屋のMRのほうが薬学の知識を必要とするかもしれません。
私は薬剤師求人サイトを利用して転職しました。
その動機は、調剤薬局になんら不満はなかったのですが、単調な毎日に、そこに自分と合わない部分があると感じてしまったのです。
もっと広い世界を見てみたいと思ったのです。
したがって、最初からその薬剤師求人サイトの担当者には、製薬会社の営業に転職したい旨伝えました。
その担当者も、親切にさまざまな情報を私に与えてくれて、親身になって転職を手伝ってくれました。
その甲斐あって、製薬会社の営業に転職できたのです。
これまでの仕事と違って、コミュニケーション能力が問われます。
私には対人能力も説明能力もあると思っています。
そして薬剤に対する知識もあると思っていますが、今まで以上にそれらに磨きをかけ、自然科学などの分野の知識も会得したいと思っています。
転職した今、積極性だけは失わないようにしていきたいと思っています。

カテゴリー: 地元で働く
タグ: