ホーム > 働きやすい環境 > 調剤薬局の果たす役割

調剤薬局の果たす役割

Posted by

薬剤師求人が多く出ている調剤薬局とは、総合病院や個人病院で診察を受けた患者さんが、診察した医者が発行する処方箋を受け取って、病院外の薬局で薬を受け取ることのできる薬局の事です。
院外処方と一般に呼ばれる調剤薬局を患者さんが利用するメリットは、医者から受け取った処方箋に記載されている薬が、個別の患者さんに適切に処方されているかどうかを、処方箋を発行する医者と外部の医療機関に所属する薬剤師の両方から二重にチェックを受けられるというメリットがあるでしょう。
このメリットは患者さんにとって非常に大きなものですから、京都の多くの病院がすでに院内処方から院外処方に切り替えており、京都には非常に多くの調剤薬局があります。
調剤薬局では、薬剤師から患者さんが服薬方法について懇切丁寧な指導を受けられる事が感謝されていますし、調剤の待ち時間が院内処方よりも短時間ですむというメリットもあるでしょう。
調剤薬局で働く薬剤師には大きな期待がかけられているのです。

カテゴリー: 働きやすい環境
タグ: