ホーム > 働きやすい環境 > 薬剤師が患者さんにできるアドバイス

薬剤師が患者さんにできるアドバイス

Posted by

一昔前まで口から飲む薬というのは固くて大きな錠剤や大きいカプセル薬だったので、大人が飲むのにも苦労する事がありました。
子供には粉薬が処方される事が多かったものの、粉薬もとても苦くて子供に飲ませるのに苦労した経験をお持ちの方が多いでしょう。
製薬業界は特許で保護されていたという事が背景にあり、競争が起こりにくい環境にあったために飲みやすい薬の開発は従来それほど積極的には行なわれていませんでした。

過去10年間で広く使われていた多くの薬の特許が切れて、ジェネリック薬が様々な製薬会社から発売されるようになり、後発となるジェネリック薬はこれまで使われていた薬との競争に勝つために同じ薬効で飲みやすい薬の開発を積極的に進めました。
ジェネリック薬は飲みやすさが患者さんに受け入れられて普及にはずみがついています。
ジェネリック薬の強みは薬価が圧倒的に安い点にもあります。
ですから薬剤師は患者さんにアドバイスする事により、ジェネリック薬に変更するようすすめることができるでしょう。
兵庫の調剤薬局からの薬剤師求人は、ジェネリック薬の知識がある薬剤師を必要としています。
窓口でジェネリック薬への変更を患者さんにアドバイスする時には、ジェネリック薬に変えても薬の効果は変わらないこと、そしてもし変更すると薬の価格がどのくらい安くなるかを具体的に提示すると非常に効果的でしょう。
使用している薬や服用期間にもよりますが、薬のお値段が半額以下になることは珍しくありません。

カテゴリー: 働きやすい環境
タグ: